古都のエッセンスを散りばめた洋菓子

PATISSERIE KARAKU(パティスリーカラク)

手土産にもおすすめな「苺の宝石箱(税込420円)」
手土産にもおすすめな「苺の宝石箱(税込420円)」

洋菓子店の二代目として生まれたご主人が、2009(平成21)年に自らの店としてオープンさせたパティスリー。東京や福岡に加え、パリやノルマンディの名店でも修業。ソムリエやチーズプロフェッショナルの資格も有していると聞くと、正統派の洋菓子ばかりを想像するが、そこに地元・奈良への熱い想いを加えた、和洋融合のオリジナリティーがこの店の特色だ。

「大和茶の香り(税込360円)」は日本茶と一緒にいただくと和情緒たっぷり
「大和茶の香り(税込360円)」は日本茶と一緒にいただくと和情緒たっぷり

「カラク」を漢字で書くと「鹿楽」。奈良を楽しみ、奈良を愛するすべての人のために、夢あふれるオシャレな菓子を作り続けている。地産地消の意識が強く、奈良県産の素材を使ったご当地洋菓子を積極的に考案している。ヒノヒカリの米粉を使った「カラクロール」や大和茶を使用した「大和茶の香り」、焼き菓子なら同じく大和茶を使用した「奈良県産米粉サブレ」などが並んでいる。豊かな土壌が育んだ良質の素材を、気軽な菓子というスタイルで食べられるので、地元以外の人にとっても気になる店だ。

かわいらしい鹿のマーク
かわいらしい鹿のマーク

また、夏に行列ができ、飛ぶように売れているのがかき氷。「パティシエのかき氷」(販売期間は6月初旬から9月下旬まで)をテーマに、洋菓子の世界で培った技術やアイデアを駆使している。カスタードソースやシュークリームなどを材料に加えたリッチな味わいで、子どもから大人まで誰もが夢中になりそう。これも「氷の町」をアピールしている奈良という土地につながっている。

夏限定のかき氷は和洋折衷が魅力的
夏限定のかき氷は和洋折衷が魅力的

店は可愛い鹿のマークが目印。店内にはイートインスペースが7席ほど設けられていて、「今すぐケーキが食べたい」時に気軽に立ち寄ることができるお店だ。

気軽に利用できるイートインスペース
気軽に利用できるイートインスペース

PATISSERIE KARAKU(パティスリーカラク)
所在地:奈良県奈良市杉ヶ町73 
電話番号:0742-22-0050
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
https://karaku.amebaownd.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ