毎月1、2、3日のみ開催。奈良の作家が集うクラフトショップ

雨の日製作所

オープン時には多くの人が訪れる「雨の日製作所」
オープン時には多くの人が訪れる「雨の日製作所」

毎月1、2、3日の3日間のみオープンしているという、とても稀少なクラフトショップが「新大宮」駅北口から徒歩3分の場所に。かみはこふくろ作家、酒井育子さんが営むアトリエ兼ショップの「雨の日製作所」だ。通常はアトリエとしてクローズしており、オープンしている3日間は「晴れの日販売所」と名乗る。そのネーミングに、センスの良さがうかがえる。

「FunFooL」の作品「貼り箱」
「FunFooL」の作品「貼り箱」

デザインや素材など「紙」そのものに魅了され、フランス伝統の厚紙工芸である「カルトナージュ」の手法を学んだという酒井さん。「FunFooL」という作家名を名乗り、今は色あざやかな貼り箱などを中心に、つい手に取りたくなるような素敵な作品を作り、販売している。

奈良で活躍するクラフト作家さんの作品たち
奈良で活躍するクラフト作家さんの作品たち

「晴れの日販売所」で販売しているのは、「FunFooL」の作品だけではない。本と雑貨などの常設に加え、毎回テーマに沿ったクラフト作家さんによる作品を陳列・販売している。そのほとんどが奈良で活躍する作家さんによるもので、ゆったりと手に取ってほしい貴重な作品ばかりだ。店内のレイアウトも毎月様変わりするとのことで、何度訪れても毎回違った楽しみがある。

誰もがゆったりできる空間
誰もがゆったりできる空間

「たべもの」「のみもの」を販売しているのもうれしいポイント。素敵な作品たちに囲まれ、上質な空間でゆったりと過ごすことができる。作家さんたちがその場にいるので、作品について伺うのも良いだろう。ここでは自由な過ごし方を楽しめるのだ。

毎月、テーマによって作家さんや作品が変わる
毎月、テーマによって作家さんや作品が変わる

「一人で来られた方でも自然と会話が生まれ、ゆっくりと過ごしていただいています。2時間ほど滞在される方もたくさんいらっしゃいますよ。」と酒井さん。これほどまで居心地の良いショップがあるだろうか。作家さんとショップオーナーさん、一般のお客様が交流して、その感動を友達や家族に伝えたくなる。このショップが口コミだけでファンを獲得したのもうなずける。次の開催時にはどんな出会いがあるのだろうか。待ちわびる時間も楽しみとなりそうだ。「雨の日製作所」では、酒井さんによるペーパークラフトのワークショップ「工作室」を月に2回程度開催(完全予約制)している。素敵な空間で、友達や仲間とともにアートを体験するのも一興だ。

雨の日製作所
所在地:奈良県奈良市芝辻町4-6-16 セイシェルビル2F
電話番号:090-8829-4447
http://www.eonet.ne.jp/~nuland/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ