エリア概要コラム

都心へのアクセスも良く、
県内屈指の文教エリア「学園前・富雄」

学園前・富雄エリアは、奈良市の西部に位置する地域。市境が近く、すぐ西は奈良県生駒市である。近鉄奈良線が通り、「近鉄奈良」駅へも「大阪難波」駅へもアクセスが良いことから、閑静な住宅街が広がるベッドタウンとしても注目されている。

宅地開発により誕生した美しい街

このエリアに近鉄奈良線が開通した1914(大正3)年には、まだ「学園前」駅は設置されておらず、1941(昭和16)年の帝塚山学園による「帝塚山中学(旧制)」開校に伴い、翌1942(昭和17)年に駅を開設。当初はこの学校に通う生徒の登下校の時間帯だけ電車が止まる特別駅であり、駅名もこの学校名に由来しているとされる。その後、1950(昭和25)年に近畿日本鉄道が駅前エリアを中心に宅地開発を進めると、それに続いてさまざまな開発がスタート。なかでも当時の大和団地(現 大和ハウス工業)が学園大和町の開発を積極的に進めた。これらの開発により住宅地は駅の南北に広がり、現在の閑静な住宅地が広がるエリアとなった。この良質な住宅地の開発は近年でも続いており、今なお注目の街となっている。

一方、「学園前」駅から一駅大阪寄りの「富雄」駅の周辺エリアは、由緒ある寺社仏閣が点在する歴史ある街。「東大寺」の大仏建立に尽力したことでも知られる行基を開基とする「霊山寺」や、平安時代以前に存在していたとされる「添御県坐神社」などがあり、駅周辺の商業施設とその周りに広がる住宅街に荘厳な静けさを添えている。

大阪へのアクセスも楽々

近鉄奈良線「学園前」駅は、特急、快速急行、急行などすべての電車が止まる主要駅。「大阪難波」駅まで快速急行で直通25分というアクセスの良さが大きな魅力となっている。JR大阪環状線へ乗り換えられる「鶴橋」駅までも直通19分の道のり。また、オフィス街が広がる大阪メトロ「本町」駅へは、「大阪難波」駅から大阪メトロ御堂筋線に乗り換えて2駅とスムーズアクセス。また、「生駒」駅からけいはんな線に乗り換えて、相互直通運転を行っている大阪メトロ中央線に乗り入れることもできる。

自動車交通の面では、「第二阪奈道路」、「阪奈道路」、「京奈和自動車道」などが周辺を通り、大阪方面や京都方面へのアクセスも良好。「学園前」駅周辺では混雑を避けるため、平日と土曜日の朝7時15分~8時15分の1時間に限り、駅のすぐ東を通る道路について、駅方面へ向かう自家用車の通行規制を行っている。「学園前」駅は周辺の住宅街などへのバス便も非常に多く、42系統ものバスが運行されている。また、「関西国際空港」行きのリムジンバスを利用できるのもうれしい。

奈良県内屈指の文教エリア

学園前は奈良屈指の文教エリアとして知られている。駅の南側に位置する「帝塚山学園」は、幼・小・中・高・大学まで一貫した教育を行う私立の総合学園。特に「帝塚山中学校・高等学校」は、難関国公立大学・私立大学にも卒業生を数多く輩出する進学校として知られている。

地元の小学校である「奈良市立富雄南小学校」は、1874(明治7)年に第3大学区第13中学区51番小学校盛進舎として開校した伝統ある小学校。「強く 正しく 朗らかに」を校訓とし、現在は約600名の児童が通学する。
また、すぐ近くを富雄川が流れ、緑豊かな立地が魅力の「奈良市立三碓小学校」では、「学び合い 高め合う 児童の育成 ~明るく かしこく たくましく~」の教育目標のもと、一人ひとりの児童が生き生きと輝けるような教育が行われている。

さらに「地域子育て支援センター Saya」は、0歳から3歳までの乳幼児とその保護者を対象として、育児情報・育児相談、ママさん同士の交流を行う施設。子育てサークルを紹介するなどの活動も行っており、子育てママをサポートする環境が整っています。

毎日に潤いをあたえる自然環境

大渕池公園
大渕池公園

美しく開発されたこの街は自然環境も豊か。街を代表する「大渕池公園」は東西に分かれた23.5haの敷地内に、子どもが楽しめる大型遊具、テニスコート、芝生広場などがあり、休日には家族連れでにぎわっている。そのほか、「学園大和第1号街区公園」や「学園大和第5号街区公園」などの児童公園も点在しているほか、広大な「奈良国際ゴルフ倶楽部」も近くにあるので豊かな緑と寄り添う暮らしをすることができる。

実はラーメン激戦区!? グルメの魅力も尽きない街

ラーメン家 みつ葉
ラーメン家 みつ葉

奈良と大阪の間にある富雄エリアには独自の食文化が根付いており、なかでもラーメン激戦区として数々の名店が軒を連ねている。富雄を代表するラーメン店「みつ葉」は土日には整理券を配るほどの人気ぶり。富雄だけではなく、奈良市内のラーメン店の最前線をいくお店としても知られている。ほかにも、行列が絶えない「あまのじゃく」には、とんこつ塩、とんこつ醤油、とんこつ味噌などのメニューがあり、噛めばほろほろと崩れる柔らかいチャーシューが人気となっている。数をあげればきりがないほどに人気のラーメン店が軒を連ね、さまざまな名店の味を楽しむことができるだろう。